妊婦が選ぶのはデカフェ?ノンカフェイン?

妊娠が判明すると日常口にしていた嗜好品に迷いが生じます。
例えばコーヒー。

出勤前や就業中口にして目を覚ましたり、気合いを入れたりしていたのに、急に止められるでしょうか。

妊婦がコーヒーを控える理由は、カフェインが含まれているからです。

4yuuu!の情報を提供中です。

カフェインは胎盤を通りやすいため、胎児は母親と同濃度の血中カフェインとなります。
そして、胎児の中枢神経に作用し、発育遅延などを引き起こしうるとされています。

また、授乳が始まっても同様に、カフェイン摂取直後から乳汁にカフェインが含まれて、未発達な乳児に少なかれ影響が及ぼされる可能性があります。
では、カフェインが含まれないコーヒーを店頭で探すと、デカフェ、ノンカフェイン、カフェインレスと種類が多くて、迷います。

これらはいったい、どう違うのでしょうか。



まずデカフェ。

最近気になったデカフェの情報を利用しない手はないです。

デカフェのde(デ)とは「脱・抜く」という意味であり、カフェインを含んだ状態から様々な工程を経てカフェインを抜いたものです。


ノンカフェインはもともとカフェイン含量がゼロです。
カフェインレスは、カフェイン含有率が0.1%以下のもので、少量含んでいることになります。コーヒー派はいわゆるカフェインによる苦味を愛しているため、含量が少なければ物足りないかもしれません。

しかし、妊娠初期ですと特に胎児の中枢神経止められる体の基本がつくられている時期なので、カフェイン含量の少ないものに移行して楽しんではいかがでしょうか。